QRコード
QRCODE
インフォメーション
【みのっちからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
こで止まることにし
オーナーへメッセージ

2016年11月15日

るように育てられるか


 ベルガラスは髭をかいた。「あそこのチェレク人どもをほっておいたら、やつらはわしらをつけてくるだろう。うしろからつけられるのは気がすすまん――とりわけ、いったん暗くなったらな」しわだらけの顔がぴんとはって、狼じみたにやにや笑いがうかんだ。「よし、やろうじゃないか」
「でも二、三人は残しておいてよ、おとうさん。知りたいことがいくつかあるの。みんなも怪我をしないようにしてね。きょうはちょっとくたびれたから、治療はしてあげられないわよ」
「そんなことにはなりませんよ、レディ?ポルガラ」ブリンが快活に約束した。「葬式ならいくつかあるかもしれないけど、治療はありません」
 ポルガラは空をあおいでためいきをついた。「アローン人はこれですもの」
 不意打ちは、身を潜めている熊神教の信者たちが予期していたのとはまったくちがう展開になった。わめき声をあげてガリオンにとびかかった毛皮をきたチェレク人は、リヴァの王の燃える剣に空中で切りつけられ、大きな刃で胴体からほぼまっぷたつにされた。男は血でぐしょぬれの草むらに落下して、身もだえしながらかぼそい声をたてた。カイルが突っ込んできた信者の頭を平然とたたきわれば、ふたりの兄弟たちはおどろいている襲撃者たちの上にとびおりて、残忍に、だが規則正しく、かれらを切り刻んだ。
 ひとりの信者が大きな岩の上にとびのって、弓矢で直接ガリオンに狙いをつけたが、ベルガラスが左手で短いジェスチャーをすると、射手は突然長い優雅な弧をえがいて後方へ投げ飛ばされ、近くの崖の外へ投げ出された。男は威力を失った弓矢を宙になげだして、絶叫しながら、五百フィート下で泡だつ荒波のほうへ落ちていった。
「忘れないでよ、二、三人は生け捕りにしてちょうだいと言ったはずよ!」殺戮がひどくエスカレートしはじめたとき、ポルガラはあわててかれらに念をおした。
 カイルはそれにたいしてうなるような返事をし、死にものぐるいで突進してきたチェレク人をあざやかに避けた。大きな左のげんこつがチェレク人の側頭部にはでにふりおろされ、男は芝の上に昏倒した。
 ダーニクはお気に入りの武器、長さ三フィートほどの頑丈な棍棒を使っていた。あざやかな手さばきで信者の剣をはたきおとし、頭をしたたかに殴りつけた。男は生気のうせた目つきで、くたっと地面にくずおれた。ベルガラスは戦いのようすをひとわたりながめてから、はむかってきそうな敵を選んで五十フィート空中にもちあげた。宙づりになった男ははじめ、自分の置かれた新たな位置に気づかないらしく、空にむかって無益に剣をふりまわしつづけた。
 戦いはまもなく終わった。夕日が投げる最後の深紅の光線が、崖っぷち近くの血ぞめの草むらにまじりあい、地面にはこわれた剣やら、血まみれの熊の毛皮のきれはしやらがちらばっていた。「なんだか、すっきりしたよ」ガリオンは倒れている信者のひとりの死体で剣についた血をぬぐいながら言った。気がつくと、〈珠〉もまた満足げに輝いていた。


 ポルガラは気絶しているふたりの生存者をひややかに調べていた。「ふたりともしばらくは目をさましそうにないわ」まぶたをめくって、その下のどんよりした目を観察しながら言った。「その男をおろしてみて、おとうさん」ポルガラはベルガラスがさきほど宙づりにした男を指さした。「できるなら、五体満足のままでね。その男に聞きたいことがあるのよ」
「いいとも、ポル」老人の目がきらめいていた。口が裂けそうなにたにた笑いがうかんだ。
「おとうさん、いつになったらおとなになるの?」
「なんだ、ポルガラ、失敬なことを言うな」かれはふざけたように言った。
 宙に浮いていた信者はようやく自分の状況に気づいて、剣を落としていた。からっぽの宙にふるえながら立ち、恐怖に目を飛びださんばかりにして、手足をはげしくけいれんさせている。ベルガラスがそっと地面におろしてやると、とたんにへなへなと倒れこんだ。老人は男の毛皮のチュニックの前をむんずとつかんで、手荒にひきずりおこした。「わしがだれか知っているか?」ベルガラスはすくみあがっている捕虜の前に顔をつきだして詰問した。
「あんたは――おれは――」
「知ってるか?」ベルガラスの声がむちのようにしなった。
「はい」男は声をつまらせた。
「それなら、わかるだろう、逃げだそうとしたら、また宙づりにしてそのままおきざりにしてやるぞ。わしにそういうことができるのを知っておろう、え?」
「はい」
「その必要はないわよ、おとうさん」ポルガラが冷たく言った。「この男はとても協力的だわ」
「おれはしゃべらないぞ、魔法使いめ」捕虜はきっぱり言ったが、その目はまだおどおどしていた。
「そんなことないわ」ポルガラはひややかな笑いをうかべた。「なにもかもしゃべるわよ。わたしが要求すれば、何週間でもしゃべるわ」ポルガラは男を凝視したまま、左手で男の顔の前で小さなジェスチャーをした。「よくごらん。細大もらさず楽しむといいわ」
 ひげ面の熊神教の信者は目の前の空間を見つめた。男の顔から血の気がひいた。恐怖に目が大きく見開かれ、金切り声をあげてあとずさった。ポルガラは伸ばしたままの左手で、容赦なくひっぱるような仕草をした。男の足がたちまち釘づけになったように動かなくなった。「逃げられないのよ。しゃべらなければ――いますぐ――おまえが死ぬ日までそれが顔の前に立ちつづけるわ」
「あっちへやってくれ!」男は狂ったように懇願した。「たのむ、なんでもする――どんなことでも!」
「どこでこれをおぼえたのか不思議なんだよ」ベルガラスがガリオンにささやいた。「わしにはやれたためしがないんだ――やってはみたんだがね」
「いまなら知っていることを全部あなたに話すわよ、ガリオン」ポルガラがそのとき言った。「しゃべらないとどうなるかわかったようだから」
「ぼくの息子になにをした?」ガリオンはふるえあがっている男を問いつめた。
 捕虜はごくりと唾をのんでから、挑むように背すじをのばした。「かれはいまあんたの手の届かないところにいるよ、リヴァの王」
 ふたたび怒りがふくれあがり、ガリオンはとっさに剣をぬこうと肩ごしに手をのばした。
「ガリオン!」ポルガラが鋭く制した。
 信者はたじろいだ。顔が青ざめた。「息子は生きてる」あわてて言った。次に満足そうな表情がつかのまうかんだ。「しかし、今度あんたが息子に会うとき、息子はあんたを殺すだろう」
「なんの話だ?」
「ウルフガーは神託を調べたんだ。あんたはわれわれが何世紀ものあいだ待ちわびていたリヴァの王じゃない。アロリアを統合し、われわれを率いて南の諸王国と戦うのは、次のリヴァの王なんだ。つまりあんたの息子さ、ベルガリオン。かれはわれわれを導く。われわれの信仰を信じらさ」
「息子はどこだ?」ガリオンはどなった。
「あんたにはけっして見つけられないところだよ」捕虜はあざけった。「われわれがかれを育て、真の信仰でかれを養育するのだ、アローンの君主にふさわしくな。そして成長したかれは、あんたを殺しにきて、かれのものである王冠と剣と〈珠〉をあんたの手から取り戻すだろう」宗教的恍惚感にひたって、男の目はとびだし、四肢はおののき、口の端にはつばが泡のようにたまっていた。「あんたはみずからの息子の手にかかって死ぬのだ、リヴァのベルガリオン」男は甲高い声をたてた。「そしてゲラン王は全アローン人を導いて、ベラー神の命令どおり、南の不信心なやからと戦うのだ」
「尋問の線からあまりはずれんほうがいいぞ」ベルガラスが言った。「しばらくわしに質問させてくれ」かれは目を血走らせた捕虜のほうを向いた。「おまえはそのウルフガーについてどのていど知っているのだ?」
「ウルフガーは熊神で、あんたよりもっと力があるんだぞ、じじい」
「そいつはおもしろい」ベルガラスはつぶやいた。「おまえはこれまでその魔術師に会ったことがあるのか――あるいは見たことがあるのか?」
「それは――」捕虜はためらった。  

Posted by こで止まることにし at 13:04Comments(0)

2016年07月28日

れは息を切らせてた

身を切られるような寒さのなか、荒れ野の黒い砂を横断するかれらを、地平線近くにかかる細片のような月が照らし出していた。ガリオンはシルクから押しつけられた大任に少なからぬ困惑を感じていた。何もそんな必要はないのだ。皆それぞれ何をなすべきかをちゃんと心得ているのだから。もし実際に指揮が必要なときがあれば、その任にあたるのは当然シルクなのである。それな優悅 避孕のにこの小男はすべての重荷をガリオンにしょわせ、かれがそれをどうこなすか高みの見物を決めこんでいるのだ。


 真夜中過ぎてすぐ、マーゴ人の一隊と遭遇したときには指揮をふるうどころか、相談するひまさえなかった。相手は六人、南へ向かう低い尾根に馬を走らせているうちに、こともあろうにガリオン一行のまっただ中に突っ込んできたのだった。バラクとマンドラレンは熟練した戦士らしくすぐさま攻撃態勢をとった。空を切るような音とともに剣がさやから抜かれ、驚くマーゴ人たちの鎖かたびらに金属的な音をたててぶつかった。自分の剣を抜こうとあせるガリオンは、黒衣の侵入者がよろよろと鞍から落ちてくるのを見た。他方には驚きと苦痛の悲鳴をあげ、胸をおさえながら後ずさるマーゴ人の姿があった。暗闇のなかで戦う避孕 藥 副作用男たちの気配におびえる馬から、混乱と苦痛に満ちたいななきがあがった。おびえたマーゴ人兵士の一人が逃げ出そうと馬の向きを変えるのを見たガリオンは、自分でも知らぬ間に相手の行方をふさぎ、攻撃の剣を振り上げていた。死にもの狂いのマーゴ人はやみくもに剣を振りまわしたが、ガリオンは見当はずれの大振りを巧みによけ、自分の剣を鞭のようにさっと振り、相手の肩めがけて切りつけた。剣の鋭い切っ先がマーゴ人の鎖かたびらに食いこんでざくりと音をたてた。ガリオンはさらに軽々と下手な攻撃をかわすと、再び剣を振るって今度は相手の顔めがけて切りつけた。それまでかれが友人たちから教授された技術が、今ここに突然結びついてひとつの形をつくり出そうとしていた。それはチェレクとアレンドとアルガー、そしてなによりもガリオン自身のあみだした剣法だった。それでなくともおびえ切ったマーゴ人はいよいよまごつき、その攻撃はますます支離滅裂なものになった。相手の攻撃を軽々とかわしたガリオンは即座に自分の剣を鞭のように振り、あらたな血を流させた。ガリオンは戦いながら、体内の血管が歓喜でにえたぎるのを感じていた。口のなかはひりひりと焼けつくように熱かった。
 突然闇の向こうからレルグが飛び出し、マーゴ人のバラン口服 避孕 藥スを狂わせ、そのあばら骨に深々と鉤のように折れ曲がったナイフを突きたてた。マーゴ人は体をくの字型に折ると、身震いして、鞍からすべり落ちた。
「何でそんなことをするんだ」われ知らず、ガリオンは叫んでいた。「これはぼくの[#「ぼくの」に傍点]相手だったのに」
 殺戮の検分にあたっていたバラクが笑い声をあげた。かれの明るい笑いが暗闇の中に響きわたった。「おいおい、かれはずいぶん不作法になったと思わんかね」
「しかしながら剣の腕前はなかなかのものと見受けるが」マンドラレンが称賛をこめて言った。
 ガリオンの心は昂揚した。かれは他に戦う相手はいないかとあたりを見まわしたが、マーゴ人たちは全員殺されていた。「こいつらだけなのかい」かずねた。「まだ後ろにもいるかもしれない。もっと探してみるべきじゃないか」


「だがわれわれは連中に後を追いかけてきてもらわなくちゃならないんだ」シルクが思いださせるように言った。「むろん決断はきみにかかってるわけだがね、ガリオン。だがここで全員を皆殺しにしてしまったら、ラク?クトルへわれわれのことを報告にいくものがいなくなってしまうのではないかね」
「ああ」ガリオンはいささか恥じるように言った。「すっかりそれを忘れていたよ」
「もっとよく全体の計画を見通すべきだ、ガリオン。たかだか枝葉末節の冒険で、それを忘れてしまうようなことがあってはならない」
「たぶん、無我夢中だったんだ」
「よき指導者にはあるまじきことだぞ」
「わかったよ」ガリオンは穴があったら入りたいような気分だった。
「きみにはそこのところをどうしてもよく理解してほしいんだ」
 ガリオンは答えなかったが、ここにいたってなぜシルクがあれほどまでにベルガラスをいらだたせたのかよく理解できるような気がした。ものごとを何でもややこしくしてしまうこのイタチ顔の小男の辛らつな批評を、次から次へと聞かされることがなくとも人の上に立つということは、十分な重荷なのだ。
「あなた、大丈夫なの」タイバの声には奇妙にレルグを心から気づかっているような響きがあった。ウルゴ人はかれの殺したマーゴ人のかたわらにひざまずいたままだった。
「おれのことはほっといてくれ」かれはぶっきらぼうに言った。
「何いってるのよ。けがをしているんじゃないの? あたしに見せてちょうだい」
「さわるんじゃない!」かれはさしのべられた女の手から身をよけるようにして言った。「ベルガリオン、お願いですからこの女を近寄らせないで下さい」
 ガリオンは心の中でうんざりしながらたずねた。「今度はいったいどうしたんだ」
「わたしはこの男を殺しました。この後いろいろ――祈りをいくつかあげ、しかるのちに清めの儀式を行なわねばならないというのに、この女が邪魔だてするのです」
 ガリオンは悪態をつきそうになるのを必死に押さえて言った。「さあさあ、タイバ」かれは精一杯穏やかな声で言った。「そういうわけだからかれを一人にしてやりたまえ」
「あたしはあの人がけがをしてやしないかと思っただけなのよ」タイバはいささか気分を害したように言った。「別にいやがらせしようとしたわけではないわ」その顔にはとうていガリオンには理解しがたい表情が浮かんでいた。ひざまずくウルゴ人をじっと眺める彼女の唇に、奇妙なほほ笑みが浮かんだ。いきなり何のまえぶれもなく、彼女はレルグに向かって手をのばした。
 レルグは身を縮こめるようにして後ずさった。「やめろ!」タイバは豊かな声でいたずらっぽい含み笑いをもらし、小さな声でハミングしながら歩き去った。
 レルグがマーゴ人の死骸を清める儀式を終えてから、一行は再び馬上の人となった。凍てつくような冷たい空の高みから、細長いかけらのような月が、黒い砂地の上にあわい光を投げかけていた。ガリオンは行く手にひそむ危険を少しでも早く見つけようと、じっと前を見つめていた。かれは時おりポルおばさんの方を眺め、彼女とこんなふうに切り離されていなければいいのにと願った。だが、ポルガラは自分の〈意志〉のシールドを維持するのに没頭しており、エランドをしっかりと胸に抱き寄せて馬に乗る彼女の目は冷ややかで、何を考えているのかまったくわからなかった。ガリオンは期待をこめてベルガラスを振り返った。老人は時おりまどろみの中から頭をもたげることもあったが、まわりのことにはいっさい無関心なようすだった。ガリオンはため息をつき、目を再び行く手に転じて監視を続けるのだった。かれらは夜の終わりに近い時間をしびれるような寒気にさらされながら、かすかな月の光と氷の針のように冷たく輝く星のもとで馬を進めた。
 突然ガリオンの心のなかにごうごうと轟きわたる音が聞こえ、奇妙な反響がこだました。次の瞬間、ポルおばさんを包んでいる〈意志〉のシールドが醜いオレンジ色の炎を噴きあげ、ゆらめいた。かれはとっさに〈意志〉を集中させると、ひとつのことばを唱えながら、独特なしぐさをした。自分が何を言ったのかまったくわからなかったが、効き目は十分にあった。かれの〈意志〉はひな[#「ひな」に傍点]に餌をやる鳥の家族の巣にうっかり突っ込んだ馬のように、ポルおばさんとエランドに向けられていた激しい攻撃をけちらした。どうやら攻撃者は一人ではないらしかったが、だからといってたいした違いがあるわけではなかった。ポルおばさんに向かっていた攻撃連合軍がけちらされ、退却するとき、ガリオンの心は一瞬、攻撃者たちの無念さを察知した。そこには恐怖の念さえまじっていた。
(まあ、悪くはないな)内なる心が意見をのべた。(少しばかりぎごちなかったが、全然だめだというわけじゃない)
(ことわっておくけどぼくにとっては初体験だったんだ)ガリオンは言い返した。(練習すればもっとうまくなるさ)
(自信過剰になるんじゃない)声はそっけなく言って、聞こえなくなった。
 たしかにかれの力が強くなってきていることは疑いの余地がなかった。ポルおばさんが高僧たちの集団だと言っていたグロリムの結合した〈意志〉を、あまりにもたやすくしりぞけたことにかれ自身驚いていた。ようやくポルおばさんとベルガラスが使う、〝才能?という言葉の意味がかすかながらわかってきたような気がした。それは一種の特別な能力のようなもので、ほとんどの魔術師には達することのできない限界を超えたものなのだ。ガリオンは自分の力が、何世紀にもわたって修業を積んできた人々のそれをすでに超えていることに驚きをおぼえていた。そしてどうやらこれはかれの才能のほんの一端にすぎないらしいのである。得るようになるのかを考えると、むしろそら恐ろしくさえあった。
 だがこの考えはかれの心をいささか力づけてくれたようだった。ガリオンは鞍の上でまっすぐに背を伸ばし、前よりも少しばかり自信ありげに馬を進めた。たぶん人の上に立つというのもそれほど悪いことではないのかもしれない。慣れるまでに時間は少しばかりかかるかもしれないが、いったん自分が何をしてるのかを把握できれば、あとはそれほど難しくはなさそうに思える。
 次の攻撃は東の地平線が一行のうしろでしらじらと明けそめるころにやってきた。突如としてポルおばさんや彼女の乗った馬も子供もみな、まっ黒な闇に包みこまれて見えなくなってしまった。ガリオンはただちに反撃を開始したうえ、今度は相手を侮蔑するようなひとひねりを加えた。攻撃をかけてくるかれらの結束した思念の横っ面を思いっきりたたいてやったのだ。しっぺ返しにたじろぐ相手の驚きと苦痛に、ガリオンはひとり満足を覚えていた。一瞬ではあるが、かれはどこかの部屋でテーブルを囲むようにして座っている黒衣をまとった九人の年老いた僧たちの姿を見た。壁の一方には巨大なひび割れが入り、天井はラク?クトルを震わせた大地震でその一部が崩れかけていた。邪悪な八人の老人たちはみな驚きと恐怖の表情を浮かべていた。残る一人は失神していた。ポルおばさんを覆っていた闇はたちまちのうちにかき消えた。
「いったい連中は何をやらかそうというんだ」シルクがたずねた。
「やつらはポルおばさんのシールドを崩そうとしているんだ」ガリオンは答えた。「だがぼくが連中の考えをあらためさせてやった」
 シルクは目を細め、鋭い視線でかれを見た。「ガリオン、やりすぎは禁物だぞ」  

Posted by こで止まることにし at 17:24Comments(0)